すっ飛び所長の公式ブログ

HOME

» ブログ記事一覧

» 記事の詳細

守らなくて良い法律②


(前回の続き)

前回述べたことは今話題の「集団的自衛権問題」にも言えます。

ちなみに憲法9条には

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、
これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

美辞麗句を並べ立てた第1項は無視するとして、第2項には

はっきり「陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない」と書いてあり

通常の日本語読解能力があれば、自衛隊はどう考えても違憲の存在です。

憲法学者などは何とか屁理屈をこねまわして、自衛隊は違憲ではないと

主張しますが、そんな理屈はまやかしです。

だからと言って、自衛隊は違憲の存在だから直ちに廃止すべきだ!とは

思いません。個人にも急迫不正の侵害に対する正当防衛の権利があるように

国家にも他国からの侵略に対する自衛の権利は当然あってしかるべきであり

そのための実力組織は必要不可欠です。

であれば、世情に合わない憲法は改正の要件が非常に厳しいとは言え

何とか早々に改正を目指す努力をすべきではないでしょうか。

昨今話題の集団的自衛権ですが、我が国の置かれている状況や

アメリカその他同盟国との関係からも必要であるとは思いますが

戦力の不保持を規定している現行憲法下では、どう解釈しても

行使は不可能だと思います。

結局前回述べたように、我が国には世情に合致していない法律は

守らなくても良いといった意識があると思います。

憲法には戦力の不保持なんていう都合の悪いことが書いてあるけど、自衛隊がなければ

危なくてしょうがない。そうだ、あれは戦力には該当しないことにしよう。

だって「軍隊」ではなくて「自衛隊」だもん。集団的自衛権なんて

憲法改正しなきゃとても認められるもんじゃないけど、憲法改正は

大変だから、憲法の「解釈」を変更して使えるようにしてしまおう!

ってなノリに思えてしょうがありません。

自衛隊にせよ、集団的自衛権にせよ、憲法にはっきり明記して

その上で具体的な法律にて、行使の要件や限界を定めるべきで

憲法「解釈」の変更などといった小手先のまやかしで、誤魔化して

は絶対にならない、と思うのですがいかがでしょうか。


コメントは受け付けていません。